スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記憶----歴史への旅

あまりにウザい広告に閉口して引越しました。
→新しいブログサイト
こちらも残してはおきますが更新はありません。


旅の記憶----歴史への旅
→古代から平安時代
→武士の時代
→明治以降から現代 
→歴史全般 
スポンサーサイト

長時間労働は当たり前ではない

長時間労働は当たり前ではない

 少年の頃を思い出す。1950年代、今のように塾通いも無かったし、毎日、草野球や、缶蹴り、模型飛行機で過ごしていた。夕方になって、「カラスが鳴くからかーえろ」と、子どもたちは夕日に照らされて家路に付いたものである。我が家の夕食は6時からに決まっていた。遊びすぎて帰宅が6時よりも遅れると、遅れた分だけ夕食お預けで座禅を組まされるルールになっていた。父は元禅坊主だったからこんな変なルールができたのだ。

 6時からの夕食は必ず一家全員揃ってのものだった。つまり父親は必ずそれまでに帰宅していたのである。職業は医者だったから決して特別に暇な職種ではない。我が家に限らず御近所も夕方には父親の姿があった。薪を割ったり、風呂の水汲みをしたり、それぞれの家で、父親の家事もあった。

 昨今、6時までに帰宅できるサラリーマンは殆どいない様に見受けられる。8時、9時まで働く残業がが当たり前のようになって来ている。実際、残業手当を含めてやっと通常の給料と考えることが多い。しかし、これは決して当たり前ではない。もともと、日本国憲法の下では8時間労働が当たり前の権利だったのだ。

 60年代の高度経済成長以来、日本は豊かになって来たという。賃金は上がり、自動車やエアコンといった嘗ては一部の金持ちしか手に入らなかった物品も多くの人が手にするようになった。しかし、その代償として支払ったものは何だったろうか?

 豊かな暮らしを求める人々が、残業手当を目当てに長時間労働を始めた。労働力も商品であり、需要と供給でその水準が決まる。多くの人が進んで長時間労働をすると、結局、労働力市場は時間単価で言えば長時間労働しないと生活が維持できない水準に落ち着いて行く。長時間労働が当たり前になり、大切な一家団欒の時を失ってしまった。

 そして近年言われていることは、こうして長時間労働を当たり前にしただけでなく、さらにこの賃金が下がるということだ。嘗て、一家に一人働けば生活を支えられた。今では、だんだんに、共稼ぎが多くなってきた。確かに2人で働けばかなり豊かに暮らせる。しかし、良く考えてみると、これで一家の労働時間は倍になったわけだ。先に述べた様に労働力も商品である。需要と供給でその水準が決まる。共稼ぎが当たり前に成れば賃金の水準は共稼ぎでやっと暮らせるような水準に落ち着くのである。すでにワーキングプアと呼ばれる人たちの賃金はその水準になって来ている。

 過去を思い出そう。日本人は8時間労働を当たり前としていた。夕方には父親が家に帰っているのが当たり前だったのである。この事実を忘れてはならない。日本人はもっと労働時間にこだわってもいいはずだ。

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

昔はみんな正社員

非正規労働が増えていると言う。若者の30%が正規の雇用にありついていないと言うのはいかにも異常だ。振り返って自分が若い頃を考えて見ると、自分も初めて就職したのが二十代も終わりに近づいた頃だったから、フリーター気分を味わった経験はある。1975年当時、27歳にもなって学生であることは白い目で見られた。やっと大学助手として就職が決まり、梅田の地下街を通りかかったらウエイトレス募集の張り紙があって、示されている月給が自分の初任給と同じであることに苦笑した。当時、助手の待遇は今よりも悪かっただろう。

ここで重要なのは助手の月給の安さではなくてウエイトレスが月給であったことだ。当時、時給というような言葉はあまり使われてなかった。ウエイトレスも蕎麦屋の出前持ちも大方正社員だったのだ。パートは半導体工場などで働く農家の主婦など、本当に片手間で一日数時間働く人のためにあった職種だ。それがいつの間にか、8時間労働のパートなどという極端な所まで拡大し、若者の30%が無理やり不安定な非正規雇用に押し込められる異常な世の中になった。世の中は本当に進歩しているのだろうか?確かに全体的には豊かになったが、そのため格差という代償を払ってしまったと言える。

正社員が当たり前、昔はみんなが正社員だったと言うことを忘れないでおこう。

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。